楽しいおまつり

笛、鳴る 君、笑う 黒い雲
変に愉快 踊り狂う 顔見知り

綿菓子を手に持って、君は遠く
どこに行ったか忘れて さようなら

吊るされた提灯が並ぶ風景
若い向日葵が下を向く

出店にたむろしている人々が
楽しそうに騒がしく上を向く

竹藪に消えた林道の
赤風車を投げ飛ばす
金魚が空に浮かんでいる
子供たちがすくえなかった命

楽しいおまつり僕も行きたいな
僕は悲しいおまつり

さっきまでいた僕が消えた、なんて
「嘘はつくな神様」と吠えている

夕暮れの神社の裏 ゴミ置かれ
出店、人、人、出店
入れ混じっちゃって

黒い四隅は、セピアの石畳おぼろげに映し
浮き世に蔓延る美男美女の夜は、続いてく
祭りの後すら忘れちゃったよ、何もかも
僕を忘れておまつり
数年前までの集団行動

楽しいおまつり僕も連れてって
ひとり下駄を鳴らした

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close